【車椅子の知恵】

車椅子の知恵

在宅介護に適した車椅子の選び方について

車椅子は要介護者や高齢者のように自力での歩行が困難な人が用いる移動用の補助具です。形状は大きく分けて利用者が自力で操作できるように大型の車輪が使用されているタイプと、介護を行う人が後ろから操作する手押しタイプの二種類があります。どちらのタイプも長所と短所がありますが、利用者にとって乗り心地が良いサイズの物を選ぶことが大切です。また、在宅介護に用いる際は移動の際に小回りが利く機動性の高さを重視する必要があります。特に住宅で使用する場合は廊下やトイレなどの狭い場所でも移動ができることが大切なので、幅が小さく操作がしやすい手押しタイプの車椅子が重宝します。長時間使用しない場合は場所を取らずに収納できるように、折り畳むことができる物を選ぶことも長く使い続けるための心得になります。車椅子は単価が高いことから専門業者からのレンタル品を使用するケースが多数を占めますが、業者が提供する旧式の製品は稀に重たく操作がしにくい物もあるので注意が必要です。要介護者が心身共にリラックスした状態で毎日を過ごせることが在宅介護に必要な姿勢なので、利用料金や業者の知名度だけで即決せずに慎重に判断することが重要な心構えです。

車椅子が通路を通りやすくする方法とは

車椅子は足が不自由な時に移動手段として使う方法が一般的で、体が不自由な時や足腰が弱い時などに役立ちます。最近では少子高齢化が進み高齢者の人口が増えており、足が不自由な場合が多く段差などをなくして通りやすい状況に対策をすることが必要です。古い施設は段差が発生する場所が多くエレベーターなどが設置されていないためバリアフリー化などをして高齢者対策を考える必要があり、今後の高齢者の需要に備えることが求められます。車椅子が通路を通る時は衝撃を与えないように段差を解消し、エレベーターなどを使って移動しやくする必要があります。バリアフリー化は今後の高齢化社会において必要不可欠で、高齢者が利用しやすい状況を作ることが大事です。段差をなくす方法はスロープを設置する方法が効果的で、建物の状況を考えて最適な方法を決める方法が望ましいです。車椅子が通路を通りやすくする方法はスロープなどを用いて段差をなくして衝撃を受けないように考えて改修し、足が不自由な場合でも気軽に通りやすくすると便利です。高齢化社会に対応するために必要なことはバリアフリーに対処する方法を考え、最適な方法を考えて改修工事などを行う必要があります。


おすすめWEBサイト 5選




目的や環境に適した防犯カメラをご提案いたします。


長崎の防犯カメラショップ








2020/10/21 更新

『車椅子』 最新ツイート

@A_1_6

@pt_matsu3 ウォーカー最小介助であろうと、普段の移動手段が車椅子である場合には、僕は迷わず車椅子で採点します。ただその場合は点数として大きく変化は出ませんので、やはり備考欄に重きをおいています。

28秒前 - 2020年11月29日


@NakashimaMinion

歩いていた頃からスポーツが大好きな私は、スポーツするとアドレナリンが溢れる。やっぱりスポーツって楽しい!車椅子になってもスポーツ体験をする機会が増えて本当に嬉しい! 車椅子になってすぐの頃は自分がこんなにアクティブな障害者になると… https://t.co/3iGfjyyTIx

59秒前 - 2020年11月29日


@mmra___323

@Munou_1222 超絶お金持ちか、そこそこお金持ち+車椅子考えた設計とか……( '-')?

1分前 - 2020年11月29日



PAGE TOP

COPYRIGHT(C)2015 車椅子の知恵 ALL RIGHT RESERVED